MENU

ブログ|増毛、ボリュームアップエクステ、かつら、ウィッグ、育毛・発毛、集客支援は株式会社スマートリンクにお任せください。

日本毛髪工業協同組合加盟

03-6427-6894受付時間 平日9:00~18:00

ブログ

  • 緊急事態宣言延長における営業について

    お客様各位

     

     

    新型コロナウイルスによる感染症につきまして

    罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます

    とともに、一日も早い回復と事態終息を

    お祈りいたします。

     

     

    弊社では、先日の緊急事態宣言が発令を受けて

    お客様と従業員の健康と安全を考慮し、

    オフィスとサロンを一時休業させて

    いただきます。

     

     

    休業期間は、

    4月25日(日)から5月11日(火)までで、

    5月12日(水)より営業を再開する予定でしたが

    緊急事態宣言延長に伴い、弊社の休業期間も

    5月31日(月)まで延長いたします。

     

     

     

    なお、お問い合わせ対応、商材配送業務は、

    休業中も承っておりますので遠慮なく

    ご用命くださいませ。

     

     

    <休業中の連絡先>

     

    TEL:03-6427-6894

    FAX:03-6320-9534

    e-mail:info@smart-link.jp

    Webからの問い合わせ

    パーマリンク | コメント(0)
  • 【婚活】失恋経験

    婚活で成婚できる人。失恋経験。

     

     

     

    ビジネスパートナーの

    婚活支援会社様と定例打ち合わせを

    オンラインで行いました。

     

     

     

     

     

     

    婚活を成功させるには、外見も重要で

    こちらの結婚相談所では弊社で開発

    したオリジナルウィッグを会員様に

    レンタルで提供されています。

     

     

     

    オーダーメイドウィッグではありませんが

    ご利用されている会員様からは、若々しく、

    活動的に見られるので次のステップにも

    進みやすくなったのご評価をいただいて

    います。

     

     

     

    たかが毛髪と思われるかもしれませんが

    悩んでいる人にとっては切実です。

     

     

     

    今回の打ち合わせで

    成婚できる人の特徴、モテ期、失恋話

    と盛り上がりました。

     

     

     

    成婚できる人の多くが若い頃に

    強烈な失恋経験を持っていること。

     

     

     

    婚活業界では、当然のことですが、

    容姿端麗な女性会員は人気があります。

    数多くの男性会員からアプローチを

    受けます。

     

     

     

    結果、若くて身なりの良い経済力が

    ある男性と結ばれることになります。

     

     

     

    婚活はギブアンドテイクです。

    まずは、見た目が大事です。そこから

    お互いを良く知る機会が生まれます。

     

     

     

    そこで、若い頃に失恋経験がある人の

    多くが謙虚に自分を評価できて、

    少しでも見栄えを綺麗にする努力を

    惜しまないとのことです。

     

     

    結果、成婚率も高くなります。

     

    弊社のウィッグが見栄えを綺麗に

    して成婚率が高まっていることを

    伺うとオリジナルウィッグ開発の

    苦労も報われます。

    パーマリンク | コメント(0)
  • 【危機管理】地震

    防災よりも減災が重要です。

     

     

     

    昨日5月1日(土)に、M6.8最大震度

    5強の地震が宮城県で発生しました。

     

     

     

    丁度、家族のインコを放鳥中でしたので

    急いで籠に戻し、1分ほど。

     

     

     

    しかし、

    新型コロナウイルス下での緊急事態宣言下

    での地震はほんとうに怖いです。

     

     

     

    大震災、

    スーパー台風、

    火山爆発、

     

     

     

     

    これだけ大規模な自然災害リスクの高い国は

    日本だけでしょう。

     

     

     

    大震災に限っても、

    頻発する地震にメディアでも首都直下型

    地震関連のニュースが増えています。

     

     

     

     

     

    そのうち首都直下型くるんじゃないか?との

    不安な声も増えています。

     

     

     

    しかし、

    今更のことですが、

    日本は太古の昔から地震列島です。

     

     

     

    僕の生まれ育った神戸市。

    その神戸にはある安全神話がありました。

     

    それは、神戸には大震災は起こらない

    ということ。

     

     

     

    事実、僕が生まれ育った24年間で有感地震は

    ほとんどありませんでした。

     

    数年に1回あるか否かの震度3以上の地震が

    発生すると学校でも話題になりました。

     

     

     

    ところが・・・

    1995年に阪神淡路大震災発生。

    まさか、

    神戸で大震災が発生するとは・・・。

    愕然としました。

     

     

     

    日本はいつでもどこでも大震災に

    見舞われることを覚悟して

    暮らさなければなりません。

     

     

     

    2011年の東日本震災後の地震特集番組

    で地震学者や専門家が、

     

    「国内で安全な場所は何処ですか?」

     

    の問に次のように答えていました。

     

    「日本国内は何処でも大地震が発生する

    可能性があります。あえて安全な場所を

    申し上げると(事故を起こした)福島原発

    から離れている九州地方、特に熊本ですね」

     

    また、

    別の専門家は日本国内の安全な地域として

     

    「北海道は台風と無縁。そして大震災は

    道内では起こる可能性は極めて低いですね」

     

     

     

    政府や学者が発表する大震災に見舞わられる

    確率!なんて全くアテになりません。

     

     

     

    繰り返しますが、日本は地震列島です。

     

    いつでも何処でも大震災に見舞わられます。

     

    その時期と場所が

    わからないだけなのです。

     

     

     

    そのときは、

    今日かもしれないし、1ヶ月後かもしれない、

    100年後かもしれない。

     

     

     

    だから、大震災が来るのでは?と

    過剰に心配する必要はありません。

    精神的に疲れてしまいます。

     

     

     

    日本は地震列島で、

    いつでも何処でも大震災に見舞われる

    可能性あることを素直に受け入れる

    (覚悟する)しかないと思います。

     

     

     

     

     

    大震災を止める、防ぐ力は残念ながら

    人類にはありません。

     

    だからこそ減災が重要です。

    つまり大震災が来ることを前提にした

    備え(覚悟)です。

     

    備えることの原点は危機管理です。

     

     

     

     

     

     

    危機管理が、自分を救い、家族を救い、企業を救い、

    そして国家を救います。

     

    そんなことは起こらないよ♪

    起こってもなんとかなるよ♪

     

    危機管理を軽視する国家では、

    国民の命・財産を守ることは

    できないと思います。

     

     

     

    危機感を持って備えることです。

     

     

     

    新型コロナウイルスについても

    正しく恐れて、危機感をもって

    行動することが求められ

    改めて個人レベルでの危機管理が

    問われています。

    パーマリンク | コメント(0)
  • 緊急事態宣言における営業について

    お客様各位

     

     

    新型コロナウイルスによる感染症につきまして

    罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます

    とともに、一日も早い回復と事態終息を

    お祈りいたします。

     

     

    弊社では、先日の緊急事態宣言が発令を受けて

    お客様と従業員の健康と安全を考慮し、

    オフィスとサロンを一時休業させて

    いただきます。

     

     

    休業期間は、

    4月25日(日)から5月11日(火)までです。

    5月12日(水)より営業を再開する予定ですが、

    状況により休業の延長も見込まれますことを

    ご了承ください。

     

     

    なお、お問い合わせ対応、商材配送業務は、

    休業中も承っておりますので遠慮なく

    ご用命くださいませ。

     

     

    <休業中の連絡先>

     

    TEL:03-6427-6894

    FAX:03-6320-9534

    e-mail:info@smart-link.jp

    Webからの問い合わせ

    パーマリンク | コメント(0)
  • 悩み解消用ウィッグが広まらない理由(その2-2)

    それは、脱着(脱着方法含む)です。

     

     

     

    ウィッグの装着方法は多種多様です。

     

     

    1.金具クリップ(ピン)

    2.編み込み(複数種類あります)

    3.両面テープ

    4.接着剤(シリコン等)

     

     

    各々、一長一短があります。

     

    私がオススメするのは、自毛状態と

    生活スタイルに合わせて装着方法を

    選択することです。

     

     

     

    しかし、

    すべてのお客様が満足される脱着方法

    は現時点では残念ながらありません。

     

     

     

    今回のブログでは、

    両面テープ、接着剤(シリコン等)

    のメリットとデメリットを

    記します。

     

     

     

    両面テープ、接着剤

     

     

    (1)メリット

     

    自分で脱着可能、自毛をきちんと洗える

    ので清潔。

     

    装着箇所を変えられるので脱毛リスクを

    軽減できる。

     

    密着して装着できるので安定。触られても

    ウィッグを装着していることがわかりにくい。

     

     

    (2)デメリット

     

    装着箇所の自毛をバリカンで短くカット

    する必要がある。

     

     

     

    次回のブログでは、

    悩み解消用ウィッグユーザが増えない

    理由(その2-3)をお伝えします。

    パーマリンク | コメント(0)
  • 悩み解消用ウィッグが広まらない理由(その2-1)

    それは、脱着(脱着方法含む)です。

     

     

     

    ウィッグの装着方法は多種多様です。

     

     

    1.金具クリップ(ピン)

    2.編み込み(複数種類あります)

    3.両面テープ

    4.接着剤(シリコン等)

     

     

     

    各々、一長一短があります。

     

    私がオススメするのは、自毛状態と

    生活スタイルに合わせて装着方法を

    選択することです。

     

     

     

    しかし、

    すべてのお客様が満足される脱着方法

    は現時点では残念ながらありません。

     

     

     

    今回のブログでは、

    金具と編込みのメリットとデメリットを

    記します。

     

     

     

    1.金具クリップ(ピン)

     

     

    (1)メリット

     

    自分で脱着可能、自毛をきちんと洗える

    ので清潔。

     

    就寝時外せるので頭皮、自毛負担がない。

     

     

    (2)デメリット

     

    自毛がなければ使用できない、同じ箇所で

    留めていると自毛箇所がダメージを受ける。

    留め方が甘いと外れる。

     

     

     

    2.編み込み(複数種類あります)

     

    (1)メリット

     

    編み込み後、2-3週間はしっかり装着して

    いるので外れるリスクが低い。

     

    (2)デメリット

     

    編み込み後、(個人差があるが)約2週間後

    から緩んでくるのでウィッグがグラグラ。

     

    編み込み箇所の自毛地肌を洗髪することが

    難しく肌の弱い人は荒れたり化膿することが

    ある。

     

    長期間編み込みを続けていると自毛、地肌

    へのダメージが蓄積し、編み込み箇所の

    脱毛が進むことがある。

     

    自分で原則外すことができないので

    他社製品を試すことが極めて難しい。

     

     

     

    次回のブログでは、

    悩み解消用ウィッグユーザが増えない

    理由(その2-2)をお伝えします。

    パーマリンク | コメント(0)
  • 【四半期1案件】2021年第二回目オリジナルウィッグ開発募集いたします。

    開発費用は無料です。

    法的保護支援も対応可能です。

     

     

     

    さて、弊社では、本年度より四半期毎に1件で

    新規オリジナルウィッグ開発を募集しています。

     

     

    今回は、第二回目の募集となります。

     

     

    まだ、新型コロナウイルスの影響もあり、オリジナル

    ウィッグは、東南アジア工場で製作します。

     

     

     

     

    オリジナルウィッグ事業をはじめてから6年目です。

     

     

    今までに前例のないウィッグを開発させて

    いただきました。

     

     

     

    なお、オリジナルウィッグ開発費用は無料です。

     

     

    ”ウィッグコストのみご負担”いただきます。

     

     

    また、商標登録、特許査定支援もさせていただきます。

     

     

    法的保護を支援し、同時に販売支援もさせていただきます。

     

     

     

    現在日本国内で悩み解消のためのウィッグ愛用者数は100万人。

     

     

    一方で毛髪に悩みウィッグの潜在顧客数は4000万人以上と

    言われています。

     

     

     

    ウィッグは画期的な毛髪製品です。

     

     

    安全に確実に快適に瞬間に理想のヘアスタイルを

    楽しめます。

     

     

     

    しかし、愛用者数は潜在顧客数の僅か5%です。

     

     

     

    愛用者が増えない理由は、

     

    1.暗く、ネガティブな印象がありイメージが悪い

     

    2.外れるのでは?バレるのでは?の不安

     

    3.脱着が面倒

     

    4.誰に相談すればよいのかわからない

     

    5.ウィッグの相場がわからない

     

    等々

     

     

    実際に高額なウィッグでも購入後使用しない方も

    多くいらっしゃいます。

     

     

    弊社では潜在顧客へアプローチできるウィッグの開発、

    提供方法をパートナー様と色々と試してきました。

     

     

    オリジナルウィッグで潜在顧客へアプローチしてどんどん

    ウィッグ業界を盛り上げていきます!

     

     

     

     

    毛髪ボリュームアップに悩んでいるお客様に確実に

     

     

     

    安全に悩み解消をしてあげたいと考えている企業様、

    サロン様、ご相談ください。

     

     

    なお、しつこい営業電話は絶対行いませんので、

    お気軽に安心してお問い合わせください。

    パーマリンク | コメント(0)
  • 悩み解消用ウィッグが広まらない理由(その1)

    それは、イメージが悪いからです。

     

     

     

    ウィッグに対する世間の一般的な

    イメージを記します。

     

    ☑恥ずかしい、

    ☑格好悪い、

    ☑隠し事、

    ☑秘密事、

    ☑人に知られたくない、

    ☑外れたらどうしよう、

    ☑バレているのでは、

     

    等々、

     

    ネガティブなイメージが強いです。

     

     

     

     

    今でこそ”ウィッグ”という呼称が

    一般化してきましたが・・・

     

     

    ”かつら”、”カツラ”、”ズラ”

    と呼ばれることもあります。

     

     

     

    兎に角、

    イメージが良くないのです。

     

     

    ちなみに、ウィッグのルーツは

    貴族・富裕層の宝飾品です。

     

     

    自分たちの権威を見せつける為に

    ウィッグを使っていました。

     

     

    今でも英国の法廷では、

    裁判官や弁護士が白いウィッグを付けて

    いるのはルーツである権威の象徴

    だからです。

     

     

     

    一方で日本では、ウィッグを付けている

    ことが恥ずかしいイメージが定着して

    います。

     

     

     

     

    ウィッグを付けています!

    とカミングアウトできるような

    環境・状況ではありません。

     

     

     

    これが悩み解消目的のウィッグユーザが

    増えない理由の1つ目です。

     

     

     

    次回のブログでは、

    悩み解消用ウィッグユーザが増えない

    理由(その2)をお伝えいたします。

     

    パーマリンク | コメント(0)
  • ウィッグ市場(悩み解消用)

    利用者数は、約100万人です。

     

     

    ファッション用のウィッグは除きます。

    毛髪の悩み解消用のウィッグ利用者数です。

     

     

    この人数は、10年以上前から微増です。

    あまり増えていません。

     

     

    ちなみに、国内で毛髪の悩みを抱えている

    人数は、約2,000万人ですのでウィッグ

    利用者率は、僅か5%ほどです。

     

     

     

    私自身の体験や10年間の毛髪製品ビジネスに

    携わってきた経験から、毛髪に悩む方々に

    現時点でもっともオススメできるのが

    ウィッグです。

     

     

    その理由は、

    1.即効性

    2.安全性

    3.確実性

    の3点からです。

     

     

    他の毛髪製品に比較しても優れています。

     

    それでは、優れた毛髪製品のウィッグ

    利用者数が増えないのは何故でしょうか?

     

     

    その理由は、

     

    1.イメージ

    2.脱着

    3.スタイリング

     

    です。

     

     

    次回ブログから各々の理由を掘り下げて

    いきます。

    パーマリンク | コメント(0)
  • 【1400億円】毛髪製品市場

    市場規模は約1400億円です。

     

     

    決して小さくはないのですが大きくは

    ありません。メガネ市場より若干

    大きい程度です。

     

     

    ちなみに、

    ヘアケア市場は約4,500億円です。

     

     

    内訳は、

     

    1.ヘアケア剤市場:2,300億円

    2.毛髪製品市場:1,400億円

    3.発毛・育毛剤市場:675億円

    4.植毛市場:45億円

     

     

    成長率は、

    植毛市場がもっとも高くて133%、

    発毛・育毛市場が105%、

    ヘアケア剤市場が103%、

    毛髪製品市場が101%です。

     

     

    毛髪製品市場はヘアケア市場のなかで

    成長率が一番低いです。

     

     

    ウィッグ(かつら)市場も成長率

    が微増です。

     

     

    毛髪の悩みのなかで最も深いのは、薄毛です。

    日本国内で薄毛に悩む人数は、2000万人

    と言われています。

     

     

    薄毛を解決する方法は色々とあります。

     

     

    ウィッグ、

    増毛、

    発毛・育毛、

    ふりかけ、

    増毛等々

     

     

    そのなかでもっとも安全で快適で

    副作用がなく即効性があるのが

    ウイッグです。

     

     

    しかし、国内で薄毛解消目的の為に

    ウィッグユーザ数は約100万人です。

     

    薄毛で悩む人数の僅か5~10%です。

     

     

    この傾向は10年前から変わりません。

     

     

    本来薄毛解消の最適な毛髪製品である

    ウイッグのユーザ数が増えないのは

    何故でしょうか?

     

     

    この問の答えを

    次回のブログでお伝えします。

    パーマリンク | コメント(0)

PAGETOP