MENU

【危機管理】夜中の地震|増毛、ボリュームアップエクステ、かつら、ウィッグ、育毛・発毛、集客支援は株式会社スマートリンクにお任せください。

日本毛髪工業協同組合加盟

03-6427-6894受付時間 平日9:00~18:00

ブログ

【危機管理】夜中の地震

防災よりも減災が重要です。

 

 

 

一昨日の13日(土)23時08分頃に最大震度

6強の地震が福島県で発生しました。

 

 

就寝中でしたが、慌てて飛び起きて

リビングに行くと長い横揺れ。

 

 

横揺れがどんどん強くなってきて、

10年前の地震を思い出しました。

 

 

家族のインコたちを宥めながら

1分ほど。このときの地震は東日本大震災

の余震でした。

 

 

これから暫くは、より強い警戒が必要です。

 

 

 

しかし、新型コロナウイルス下での大震災は

ほんとうに怖いですね。

 

 

 

大震災、

スーパー台風、

火山爆発、

 

 

 

 

これだけ大規模な自然災害リスクの高い国は

日本だけでしょう。

 

 

 

大震災に限っても、

頻発する地震にメディアでも首都直下型

地震関連のニュースが増えています。

 

 

 

 

 

そのうち首都直下型くるんじゃないか?との

不安な声も増えています。

 

 

 

しかし、

今更のことですが、

日本は太古の昔から地震列島です。

 

 

 

僕の生まれ育った神戸市。

その神戸にはある安全神話がありました。

 

それは、神戸には大震災は起こらない

ということ。

 

 

 

事実、僕が生まれ育った24年間で有感地震は

ほとんどありませんでした。

 

数年に1回あるか否かの震度3以上の地震が

発生すると学校でも話題になりました。

 

 

 

ところが・・・

1995年に阪神淡路大震災発生。

まさか、

神戸で大震災が発生するとは・・・。

愕然としました。

 

 

 

日本はいつでもどこでも大震災に

見舞われることを覚悟して

暮らさなければなりません。

 

 

 

2011年の東日本震災後の地震特集番組

で地震学者や専門家が、

 

「国内で安全な場所は何処ですか?」

 

の問に次のように答えていました。

 

「日本国内は何処でも大地震が発生する

可能性があります。あえて安全な場所を

申し上げると(事故を起こした)福島原発

から離れている九州地方、特に熊本ですね」

 

また、

別の専門家は日本国内の安全な地域として

 

「北海道は台風と無縁。そして大震災は

道内では起こる可能性は極めて低いですね」

 

 

 

政府や学者が発表する大震災に見舞わられる

確率!なんて全くアテになりません。

 

 

 

繰り返しますが、日本は地震列島です。

 

いつでも何処でも大震災に見舞わられます。

 

その時期と場所が

わからないだけなのです。

 

 

 

そのときは、

今日かもしれないし、1ヶ月後かもしれない、

100年後かもしれない。

 

 

 

だから、大震災が来るのでは?と

過剰に心配する必要はありません。

精神的に疲れてしまいます。

 

 

 

日本は地震列島で、

いつでも何処でも大震災に見舞われる

可能性あることを素直に受け入れる

(覚悟する)しかないと思います。

 

 

 

 

 

大震災を止める、防ぐ力は残念ながら

人類にはありません。

 

だからこそ減災が重要です。

つまり大震災が来ることを前提にした

備え(覚悟)です。

 

備えることの原点は危機管理です。

 

 

 

 

 

 

危機管理が、自分を救い、家族を救い、企業を救い、

そして国家を救います。

 

そんなことは起こらないよ♪

起こってもなんとかなるよ♪

 

危機管理を軽視する国家では、

国民の命・財産を守ることは

できないと思います。

 

 

 

危機感を持って備えることです。

 

 

 

新型コロナウイルスについても

正しく恐れて、危機感をもって

行動することが求められ

改めて個人レベルでの危機管理が

問われています。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP