MENU

e-dreams(絶頂から終焉)|増毛、ボリュームアップエクステ、かつら、ウィッグ、育毛・発毛、集客支援は株式会社スマートリンクにお任せください。

日本毛髪工業協同組合加盟

03-6427-6894受付時間 平日9:00~18:00

ブログ

e-dreams(絶頂から終焉)

20年以上前のドキュメンタリー作品です

 

 

米国のベンチャー企業のスタートアップから

急激な成長、そして突然の終焉までの実話です。

 

久しぶりに見ましたが実におもしろい。

 

 


 

 

 

話はITバブル時代の1998年。

1時間で配達業務をこなすオンラインビジネスベンチャー

が産声をあげます。

 

 

創業者の2人は、

一流企業のゴールドマンサックスの

インベストバンカー。

 

 

 

ゴールドマンサックスを3年で飛び出して

少ない資金と豊富なアイディアで「Kozmo.com」

(以下、コズモ)を創設します。

 

 

従業員10人ほどでスタートアップ。

それが、わずか1年間で3000人を

雇用する大企業へと成長。

 

 

同社のビジネスモデルはそれなりに

秀悦でした。

 

 

・利用者がネット経由で注文 

→ コズモ配達員が1時間以内に配達

 

・コズモは提携する企業の商品を代行購入して配達

・コズモの収益は販売額に対する手数料

 

 

 

所謂日本的に解釈すると「ご用聞き」。

 

 

当時の提携企業は、

スターバックス・コーヒー、

アイスクリームチェーンのハーゲン・ダッツ。

大手スーパーマーケットやレンタルビデオ店、

ファーストフードチェーン、

有名ピザ店等々。

 

 

ITバブル、.comと謳っただけで

市場から注目される時代です。

 

 

スターバックスと業務提携を結び、

大々的なプロモーション。

Amazon.comから数億ドル規模の

投資を受けて絶頂期。

 

 

さあ、いよいよIPO!

 

 

創業者が、

コズモのIPO前夜パーティで

 

 

「I~ P~ O~ OOOO~!」

と大絶叫。

 

 

その矢先の2000年4月、

突然の株式マーケット崩壊。

所謂ITバブル崩壊です。

 

 

僕は、当時米国のIT企業で働いていたので

当時の市場の動きはよく憶えています。

 

 

僕がお世話になっていた企業は、

ITバブル崩壊後も業績が堅調だったのですが、

IT企業という括りで市場に評価

されてしまっていました。

 

 

結局、ITバブル崩壊でドットコム企業は突然、

成長(売上)から利益に評価指標が変わって

しまい赤字続きで黒字化の見込みがない企業は

次々と市場から退場させられていました。

 

 

コズモの幹部社員のコメントが当時の

ドットコム企業の本質を捉えています。

 

 

「僕達もずっとコズモを成長させる気はなかった。

IPOで一攫千金。その後は、高く買ってくれる企業

に売り渡すことだけゴールに考えていた」

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGETOP