MENU

【オススメ】ウィッグの装着方法について|増毛、ボリュームアップエクステ、かつら、ウィッグ、育毛・発毛、集客支援は株式会社スマートリンクにお任せください。

日本毛髪工業協同組合加盟

03-6427-6894受付時間 平日9:00~18:00

ブログ

【オススメ】ウィッグの装着方法について

安全で快適なウィッグ装着方法をご紹介します。

 

 

 

ウィッグの装着方法は多種多様です。

私が今までに使用してきた

ウィッグ装着方法は、

 

1.金具クリップ

2.樹脂製クリップ

3.複数種類の編みこみ(編み込みも多種多様)

4.シリコン

5.両面テープ

 

です。

 

 

 

 

多くの装着方法での経験値から、

現段階で最良なウィッグ装着方法は、

両面テープだと思います。

 

 

 

今から10年以上前、

某ウィッグ企業の編み込み装着

を利用していました。

 

 

 

この装着方法は、

装着して2週間ほどは安定しているの

ですが、2週間を過ぎると自毛の伸び

とともに緩んでグラグラになります。

 

また、編みこみ場所は触られると

すぐにわかります。

 

 

また、編みこみ部分の自毛と地肌は思う存分

洗うことはできません。

 

薄い服の上から体を洗うような感覚です。

個人差がありますが、編み込んだ箇所の

自毛の脱毛や化膿が進む恐れがあります。

 

※ 私は、10年以上編み込みを利用した結果、

編み込んだ箇所の自毛部分は全て抜け落ちて

畦道のように見えます・・・。

 

 

そして、最大の課題だったのは、

編み込みなので他社製品を試すことが

難しいのです。

 

 

他社製品を試すには、

編み込みを自分で外す、或いは編み込みを

断り自分で脱着できる装着方法に変える

必要がありますが難しいです。

 

 

私も他社製品を試すことができず、

サロンの居心地の良さには満足して

いましたが、商品の満足度とは関係なく

10年以上通い続けました。。。

 

 

 

 

両面テープは、下記のテープをウィッグの

ベース部分装着に使用しています。

ウィッグのベース部分はPU補強していて

当テープでガッチリ付着。

 

 

↑高粘着タイプで再生力も

極めて高いテープです。

 

ネイル製品の接着にも利用されている

安全で強力な医療用のテープです。

 

↑元のテープのままだと大きすぎるので

半分にカットしたものを複数枚貼り付けて

使用しています。

 

 

 

私は、3日毎に張り替えてテープ本体は

月に20枚ほど使用

 

 

 

テープ装着の場合、装着箇所は

ピッタリ付着できるので

強く触られてもわかりません。

 

 

テープ&接着剤での装着なら自毛が伸びても

緩まず、常にピッタリ頭部に接着されて

いるのであらゆる衝撃にもとても強いです。

 

趣味の空手のスパーリングで

頭部への蹴りや投げ技を受けても

びくともしません

 

誤って髪を引っ張ってテイクダウンを

取られたときもウィッグはしっかり

装着されていました。

 

他の装着方法なら外れなくても緩んで

いたでしょう。

 

洗髪時には、ウィッグを外して自毛・地肌を

思う存分洗えて、洗髪後はドライヤーの熱で

温めると接着力が元に戻ります。

 

 

コスト面でも月間700円ほどです。

他社の製品を試すこともできます。

 

 

お勧めの装着方法です。

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGETOP