MENU

大切な家族|増毛、ボリュームアップエクステ、かつら、ウィッグ、育毛・発毛、集客支援は株式会社スマートリンクにお任せください。

日本毛髪工業協同組合加盟

03-6427-6894受付時間 平日9:00~18:00

ブログ

大切な家族

家族のインコを紹介します。

 

 

 

僕は小鳥が大好きです。一日のスタートは小鳥の

お水とご飯交換から始まります。

 

 

 

 

現在は、オカメインコを2羽(ノーマル♂、アルビノ♀)

とシモフリインコ(♀)を1羽の計3羽を飼っています。

 

 

 

 

オカメインコは、オーストラリア原産です。

オーストラリアでは最速の鳥と言われています。

性格は、穏やかで臆病ですが、甘え上手なインコです。

 

 

 

 

放鳥すると部屋中を飛び回ってから、必ず僕の肩に

止まり、羽繕いをします。それから、腕まで降りてきて頭を

掻いてとおねだりをします頭の周りをカキカキしてあげると

そのまま寝てしまいます。

 

 

 

 

アルビノのオカメインコは、冠羽と呼ばれる場所の

下が禿げています。そこがまた可愛いのですが

一時期本気でインコ用のウィッグを作ろうと

考えていました。

 

 

 

何度か実験をして諦めました・・・。

 

 

 

シモフリインコはコニュアという中米産中型インコで

野生はコロンビアのジャングルで暮らしています。

性格は、陽気で遊び上手。

 

 

 

 

この子もベタベタな甘えん坊で手の中でニギニギゴロゴロ

されるのが大好きです。気が付くと手の中で爆睡しています。

 

 

 

 

インコ好きは幼少の頃からです。

 

 

 

 

本当は犬を飼いたかったのですが、

親に許して貰えず「インコで我慢せえ」と

言われたのがインコ好きになった切欠です。

 

 

 

 

気づけば、傍らには常にインコ(当時はセキセイインコ)

が居ました。

 

 

 

 

インコの知能は高くて一説には人間の3歳児並とも

言われています。

 

 

 

 

僕は、手の上に乗るほど小さなインコたちから

多くのことを教えてもらい、今も教えてもらっています。

 

 

 

 

彼らと接する中でインコには心があること、そして喜びや

悲しみの感情の深さを知ります。

 

 

 

 

彼らの愛情の深さは人間とは違って弱まることが

まったくありません。

 

 

 

 

可愛がってくれた、愛してくれた思いを彼らは絶対に

忘れない!永遠に憶えています。

 

 

 

 

そのいたいけな愛情は弱まることを知らずに日増しに

どんどん強まっていきます。

 

 

 

 

人間も彼らのような愛情深さがあればきっと紛争

は起こらないでしょうね。

トラックバック

「大切な家族」への3件のコメント

  1. 遠藤さんお久しぶりです。実はうちも白文鳥を9羽飼っております。それぞれ個性があって皆かわいいてです。もう家族の一員です。これまで3羽死んでしまったので今の子達は長生きしてもらいたいです。それにしても遠藤さんとは空手といい共通点が多いです。機会があったらまたお会いしましょう。

    1. 天白さん こんにちは!コメントをいただきましてありがとうございます。小鳥は可愛いですね。うちも今までに4羽のインコが虹の橋を渡っていきました・・・。短命であることは承知していますが別れはとても辛いですね。今の子達は寿命のある限り、健やかに過ごしてほしいと願います。こちらこそ機会がございましたらお会いさせてください。

  2. 遠藤さんお久しぶりです。小学校の時以来かなぁ~セキセイインコの事で、懐かしく思いました。よくおしゃべりするインコちゃんでしたね。自宅で一緒に勉強した事も思い出しました(笑)神戸に帰って来たら会いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP