社会貢献|増毛・かつら製品、美容室の集客支援はスマートリンク。

日本毛髪工業協同組合加盟

全国対応 安心してお問い合わせ下さい。受付時間 月〜金 9:00-18:00

03-6427-6894

無料相談申込み

ガイドブック申込み




HOME > 会社案内 > 社会貢献

社会貢献

30代後半から自分のビジョン実現の為に起業する気持ち

が強くなり、2011年2月に起業しました。




前年の2010年に、起業準備期間を設けるため、前職を

2010年2月末に退職。




法人登記した日は、2011年2月25日の自分の誕生日です。

当日は大安快晴☀。




とても晴れ晴れとした気持ちで渋谷法務局に出向いた

ことをおぼえています。

 

 

その、僅か2週間後に、未曾有の大震災が発生。




3.11 14:46 震災発生時間は、東京のオフィスで仕事中で、

今まで経験したことのない大きな揺れに恐怖を感じながら、

頭の中では、起業した意味をずっと考えていました。



 

1000年に一度のM9の超巨大地震と超巨大津波で尊い多くの命が

奪われ、その後も大きな余震が続き、(当時の政府は収束宣言を

しましたが)原発が収束し ない状況で、不安な気持ちが先行し、




何故、この国難ともいえる時代に起業したのか?




の疑問文が、ネガティブな意味も含めて僕の心の中をずっと支配

していま した。

 

 

 

考えに考え抜いて、自分なりに出した答えは、自分は産声をあげた

ばかりではあるが、起業家である。

 

 

 

自分の努力によって事業を大きく成長できる環境が

与えられている。




ならば、有事の今、国、社会に貢献する力を持つこと

が必要であり、事業を成長させて社会に貢献すること

が重要であること。

 

 

 

しかし、起業したばかりの弊社は、無力で、

少額の支援金を被災地へ送ることしかできません。




一方でハード、ソフト両面で圧倒的な支援をする企業、

そしてその企業の経営者。




彼らのように、有事の際、国や社会を強力に支援する力

を持つことがどれほど重要であるか。




彼らに一歩でも近づきたい。

国難の時代に、国、社会の役に立ちたい。




この思いは、3.11以降、私の心に強く刻まれました。

全国対応 安心してお問い合わせ下さい

受付時間 月〜金9:00-18:00

03-6427-6894

無料相談申込み

ガイドブック申込み